1. トップページ
  2. 食べ物・栄養
  3. アミノ酸は乾燥肌の特効薬?肌を作る秘密の栄養

アミノ酸は乾燥肌の特効薬?肌を作る秘密の栄養

  • アミノ酸サプリメントを飲めば乾燥が治る?
  • どうやってアミノ酸を取ればいい?
  • アミノ酸の種類は何がベスト?
  • どうやって飲むのが効果的?

アミノ酸サプリメントを飲めば乾燥が治る?

肌にアミノ酸がいい、という話をどこかで聞いたり見たりしたことはないでしょうか?それは間違いありません。そして乾燥症状にもアミノ酸がいいことが分かっています。

なぜかというと、肌を作っている細胞がアミノ酸で作られているからです。肌の素とも言えるものなので、積極的にとって損するものではありません。またNMFという角質細胞内にある重要な保湿成分の大半もこのアミノ酸が占めています。

アミノ酸をサプリメントなどである程度の量を継続して摂取し続けると、肌水分量が上がったという実験結果があります。もちろん取り込まれたアミノ酸を肌や保湿成分に活かすには、自分の成長力が必要となるためそれだけで乾燥症状が改善されるわけではありません。

ただアミノ酸には純粋に肌の材料になる面もあれば、肌細胞の成長スイッチを刺激するなどアミノ酸種類により様々な作用があります。一口にアミノ酸といっても20種類以上の種類があり、それぞれに体で重要な役割を果たしています。

アミノ酸はたんぱく質を分解した最後の状態なので、アミノ酸サプリメントだと胃腸に負担なく吸収できてカロリー、脂質などを摂り過ぎる心配もありません。その点において、食事面で十分な美肌効果が得られるアミノ酸が取れていない人は、より体に健康的に美肌栄養「アミノ酸」を取れることになり、その結果が乾燥肌症状の改善などに繋がったものと想定されますね。

どんなアミノ酸をどうやって取ればいい?

アミノ酸はたんぱく質を分解したものなので、本来はバランスの取れた食事を取っていれば不足するものではありません。なのでアミノ酸の質みたいなものはなく、どんなアミノ酸がいいということはありません。

しかしアミノ酸特有の美肌効果をはっきりと狙うとなるとある程度のアミノ酸量が必要となります。そうなると食事面で実現できる人は一気に少なくなります。アミノ酸の元となるたんぱく質をたっぷり食べればいいというわけではありません。たんぱく質は消化がしにくいため、胃腸の消化力が弱いと消化しきれずにアミノ酸として利用できないだけでなく、そのまま大腸に届くと悪玉菌の餌となり、便秘や悪臭がするおならの原因となります。

またたんぱく質を多く含む料理は、ささみボイルといった典型的なダイエット食を除けば、どうしても脂質や塩分、カロリーなどが多いものになりがち。お肌のためと頑張ってたんぱく質を意識すると、肥満や胃もたれ、肌荒れ、便秘など違うトラブルが増えてしまいます。

なのでアミノ酸を意識的に取る場合は、まず摂取量というのがポイント。その点でアミノ酸サプリメントは消化不要で量もまとめて取れるため、普段の食事に影響を与えずにアミノ酸パワーを享受できます。この意味においては、アミノ酸はサプリメントで取るのが有効と言えます。

アミノ酸の種類は何がベスト?

アミノ酸の種類も重要です。

体の機能に必要なアミノ酸は必須アミノ酸、非必須アミノ酸と分かれますが、これらはアミノ酸スコアと呼ばれる数値で表されるように、どれもバランスよく各種アミノ酸が入っていないと効果がない、うまく体に利用されないことが分かっています。

しかし、アミノ酸サプリメントの場合は特定のアミノ酸しか含まれていないものが大半です。これはアミノ酸スコアを無視しているものですが、アミノ酸には総合的に体に利用されるのとは別に各アミノ酸の特定作用があるため有効です。

美肌の元となる成長ホルモン分泌に関わるアルギニン、オルニチン、肌細胞に栄養をしっかり届けられる良い血行に関わるシトルリンなどが有名です。

乾燥肌改善のためにアミノ酸を飲むなら、総合的なバランスの良いアミノ酸、もしくは成長ホルモンなど美肌と直接関係が深いアミノ酸が多く含まれたものを選ぶといいでしょう。

どうやって飲むのが効果的?

アミノ酸サプリメントはたんぱく質のサプリメントと言えるものなので食品です。なのでいつ飲んでも問題ありません。

ただ成長ホルモン分泌が最も盛んになる夜10~夜2時くらいの時間帯に合わせて、寝る前に飲むのが一番効率良くアミノ酸パワーを引き出せます。

たんぱく質だと消化してアミノ酸になるのに何時間もかかりますが、アミノ酸は既に分解されているため吸収に20分ほどかかるだけです。すぐに血中に運ばれて、肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜10~夜2時に合わせることができます。この時間帯は肌が積極的に作られる時間帯なので、このときに肌・保湿成分の材料となるアミノ酸、成長ホルモンに関連するアミノ酸が十分にあるのが望ましいですね。

量に関してはだいたい各種実験で500mg~3000mgくらいのアミノ酸量が試されています。アミノ酸は食品なので取り過ぎて利用できなかったものは体外に排出されます。しかし食品なので食べ物と同じく、特定のアミノ酸を過剰に取ると胃が気持ち悪くなったりといった症状は起きます。

とにかくたくさん摂取すれば効果があるというわけではありません。体にいいからと特定の食べ物を一杯食べてもその栄養が全て活かされるわけじゃないですよね?むしろ余剰カロリーが脂肪細胞となるだけです。これはアミノ酸も同じです。

サプリメントで支持されている量で十分です。物によっては2回分O.K.とされているようなものもありますが、最初は指定された量で続けてみるほうがいいでしょう。取り過ぎても無駄になっていてはお財布に厳しくなります。