1. トップページ
  2. 症状
  3. 洗顔後に肌が突っ張る場合の保湿対策と洗顔方法

洗顔後に肌が突っ張る場合の保湿対策と洗顔方法

どんな石鹸でも突っ張らない人がいるのに洗顔にこだわっても…

洗顔をしてタオルで水気を取ったら肌がピーンと張ってしまい、ちょっとでも表情を動かそうものなら肌がパッツンパッツンになりませんか?

これは洗顔が悪いんだわ!と洗顔石鹸やソープをあれこれ試してみて…やっぱり肌に合わない…

肌が突っ張るという症状。普通の手を洗うような石鹸でもなければ、お金をそれなりに出して買う洗顔剤で肌が突っ張るということはあまりありません。あるとするなら、それは洗顔剤というより洗い方、洗顔にかける時間が問題だということです。

決して肌にヌルヌルとした潤いが残るなんていう洗顔剤は使ってはいけません。あれは余計に洗いすぎて乾燥を悪化させるだけです。

肌の突っ張りを解消したいなら、洗顔にかける時間を短くし、洗顔後の保湿ケアを的確に行えばいいだけです。乾燥に悩んでいない人はどんな洗顔剤でも突っ張ったりしないのですから(もちろん工業用石鹸とかは除いて)。

洗顔も重要ですが、突っ張らない健康な肌状態に近づけてしまうのも有効な方法です。

どんな洗顔剤でも突っ張らない肌にする方法とは?

乾燥肌ではない人は結構強めの洗顔石鹸・ソープを使っても肌が突っ張りません。

これはなぜか?

肌が突っ張るというのは、洗顔により肌角質層に細胞間脂質(セラミド等)が不足してしまい水分量が落ちてしまうためです。つまり細胞間脂質が最初からたっぷりあれば突っ張らないということ。

乾燥肌ということは… 肌水分量が少ない = 細胞間脂質が少ない

ということなので、肌角質層に細胞間脂質を増やすようにしてあげましょうということ。本当は自分で増やすものなのですが、なかなか元に戻らないため、保湿化粧品でカバーします。

セラミドは他の保湿成分と違い肌角質層に元々あるものなので馴染みやすく、同時に安定して留まるため、毎日の洗顔後にセラミドを補ってやれば、しだいに自前のセラミドも増えていき洗顔時の細胞間脂質量が増えて突っ張り感が減少していきます。

洗顔剤は悪くないことがほとんど

洗顔したら肌がピーンと張って突っ張る場合、誰しも洗顔剤を疑いがちですが、乾燥肌ではない人なら基本的にどんな石鹸・ソープであっても突っ張ることはないんです。だから洗顔剤がどうというより、やはり肌に水分が少ないということに尽きます。

もちろん洗顔成分には洗浄力・脱脂力に強弱があるため、強い洗顔成分を使っていた人はマイルドなものに変えることで突っ張りが収まる場合があります。

しかし健康肌の人が普通の洗面所の石鹸でも突っ張らないように、そういう肌を目指すのがベストです。それだけ水分に守られた肌ということは、シワやシミもできにくい肌ということなので、乾燥肌改善の先にある美肌を手に入れるには保湿に注力するべきでしょう。

肌が痛い、しみるのは洗顔剤を変えてもあまり変わらない

乾燥がひどくなると敏感肌症状になります。洗顔剤の成分が肌奥の神経に届きやすくなり、ピリッとした軽い痛みから、思わず洗顔の手が止まるほどの痛みが出てくることがあります。

これは洗顔剤の成分が悪いから?というのは正解でもありますが、シンプルで自然派な洗顔剤でもしみるときはしみます。

乾燥が進むと肌のバリア機能が低下するため、どうしても刺激に弱くなります。そしてその刺激はただの水でさえも刺激物となります。つまり洗顔をすること自体が刺激になるということ。

もし皮脂が少なくお化粧もしていないときなら、ぬるま湯で洗顔してください。水・ぬるま湯は汚れが落ちないというイメージがありますが実際はかなり落ちます。オイリー肌やお化粧しない肌なら十分です。(参照:乾燥肌は水・ぬるま湯洗顔だけでいいのか?

洗浄力がマイルドな弱酸性の洗顔剤は刺激を受けにくいですが、そういったものは添加物が多くなっているものもあり、それがまた刺激の原因になるかもしれません。だからしみるなら水・ぬるま湯洗顔をしばらく試してみてほしいと思います。

バカ丁寧な洗顔は乾燥肌に悪いからやめよう

保湿ケアをしていても洗顔後に突っ張るのが治らない場合、洗顔そのものに間違いがあるかもしれません。

洗顔剤は別に普通の石鹸でも問題はないんです。洗浄力が強い分、それに応じて洗顔時間を短くすれば意外に使えるものです。ただ扱いが難しいのでおすすめはしません。

となるとやはり洗い方、洗顔にかける時間が問題でしょう。洗顔にかける時間は3分や4分という話もありますが、これはこの時間以上かけないように、と考えたほうがよく、この時間をかけて洗いましょうということではありません。

仮にお化粧をしていないのなら、オイリー肌であっても洗顔剤を肌に乗せて洗う時間は1分以内。さーっと30秒くらいで十分汚れ、古い角質も落ちます。それ以上やっても保湿成分が逃げていくだけです。あとはまた数十秒で洗い流して合計1~1分半くらいで終わる感じです。

そんな短時間じゃ汚れが落ちないと思う人も多いですが、乾燥肌の人ほど慎重に洗顔をし過ぎて時間をかけすぎているのが目立ちます。もちろんお化粧をしている場合はその分時間が倍ほどになりますが、肌に優しく優しくと気を使うことが逆効果になっています。

人の肌はみんなそれぞれ強さが違いますし、汚れ具合も違います。なのに「洗顔は◯◯分かけて、特に△△部分は入念に」とかみんな同じ風にやるのはおかしくないでしょうか?

洗顔はへたに丁寧にやるより時間をかけないほうを優先したほうが乾燥しにくくなります。それだけ洗顔剤の成分が肌角質層の細胞間脂質(セラミド等)を溶かしてしまうからです。乱暴にワシャワシャ!と洗わない限り、ソフトにという意識さえあればあまり馬鹿丁寧にやらないほうが肌に潤いが戻ってきますよ。