1. トップページ
  2. 症状
  3. シミを取るには保湿が絶対に必要な理由

シミを取るには保湿が絶対に必要な理由

  • 表皮のシミは保湿維持で垢となって落ちる
  • 保湿は紫外線バリアになる
  • 美白化粧品の成分も保湿がないと効かない

表皮のシミは保湿維持で垢となって落ちる

肌は表皮、真皮層、皮下組織となっており、いわゆる肌細胞というのは表皮の部分のことです。

表皮の一番底の基底層というところから、毎日新しい肌細胞が生まれ、同時に古い肌細胞が垢となって剥がれています。この時に紫外線により異常反応してより多く出てしまったメラニン色素、つまりシミとなって見えるものも垢と一緒に排出されます。

この表皮の肌細胞のサイクルをターンオーバーと言いますが、ターンオーバーに必須なのが保湿状態です。乾燥肌はこのターンオーバーが早くなったり遅くなったりします。

遅くなった場合、なかなか体外にメラニン色素の固まりが出て行きません。基底層の奥のほうでくっついて停滞するものも出てきます。こうなるとなかなか体外に排出されない状態になり、頑固なシミとなります。

また、基底層の炎症なので真皮層との境目が甘くなると、シミとなったメラニン色素が基底層より奥深く、つまり真皮層内に落ちると言われています。こうなるともう化粧品レベルでどうにかなる状態ではなくなってきます。

つまり、保湿を適切に維持するということは、シミを追い出すだけでなく、取れないシミを増やさないというWの大きな効果があります。

保湿は紫外線バリアになる

シミのない肌を作る上で不可欠なのが紫外線対策。

日傘、日焼け止めクリーム、UV機能付きメイク…いろいろな対策方法がありますが、そもそも肌自体に紫外線バリア機能があることは知っているでしょうか?というかなければ紫外線の影響を受けまくるので当然なくてはなりません。

その自然の紫外線予防機能というのが細胞間脂質による肌バリア機能です。

細胞間脂質は主にセラミドで構成される潤滑剤のようなもので、肌表面の角質層にある角質細胞の重なりの隙間を埋めています。これにより肌細胞への水分供給を行うと同時に、肌細胞の密接度を高めてバリア機能を高めています。

水自体に紫外線を跳ね返す力はあまりありませんがないよりマシです。またスカスカの肌より、ミチっと詰まった肌のほうが紫外線が奥に届きにくいのはイメージしやすいと思います。

例えば肌荒れや皮むけなんかしているときは、通常の肌より角質層が薄く、密接度も低くなっていることが多く、この状態で真夏の外出なんかをするといつも以上に日焼けして真っ赤になります。これはそれだけ紫外線の影響を受けてしまっている、つまり、肌のバリア機能が落ちていることが分かります。

保湿だけで紫外線をブロックできるわけじゃありませんが、マイナス要因にはなるので必ず必要なケアということです。

美白化粧品の成分も保湿がないと効かない

美白化粧品の効果には、メラニン色素が異常に増えてシミ化するのを防いだり、黒くなったメラニン色素を元に巻き戻したりする効果が一般的です。

これらは一定の効果が認められていますが、化粧品の分野の中では効きがかなりマイルドなので実感が特に湧きづらいです。

そしてその効きづらさを助長しているのが乾燥肌です。

乾燥していると肌バリア機能が落ちると書きましたが、紫外線はもちろん他のあらゆる刺激を受けやすくなり、肌細胞が炎症を起こしやすくなります。肌細胞が炎症を起こすということは、肌細胞の機能が低下、邪魔されるということ。つまりターンオーバーに影響が出るため、シミを追い出しにくくなり、余計に美白化粧品の効果を邪魔してしまいます。

また、紫外線の影響を受けやすい状態が続くため、マイルドで実感しにくい美白化粧品の効能と打ち消しあってしまう、もしくは効果が追いつかないということにもなります。

実際のところ美白化粧品の効果というのはかなり曖昧なところがあります。本当にシミを取る高い効果があるのは保湿だとも言われるくらいなので、シミのない肌を目指す人は保湿にも気を使うべきです。