1. トップページ
  2. 症状
  3. 乾燥小じわが消えない理由~保湿で消えるのは半分ウソでした

乾燥小じわが消えない理由~保湿で消えるのは半分ウソでした

乾燥小じわは保湿ケアで消える……というのは、半分ウソなんです。

どんな乾燥小じわでも、保湿した直後は消えています。消えきらないのは深いシワです。

問題なのは、1日、その後も乾燥小じわが消えてなくなるのかどうか。

保湿しても乾燥小じわが消えない!

これを解決するポイントは、肌状態に足りない保湿成分がどれか?というのがポイントです。保湿するだけじゃダメだったのです。

乾燥小じわが消えない理由は保水力

乾燥小じわが保湿で消えるのは、洗顔直後の肌を見れば一目瞭然。どんな人も肌表面が湿っていれば乾燥小じわが見えなくなります。

でもそれは5分と持たないですよね?

それを持たせるのは保湿化粧品に含まれる保湿成分です。

ヒアルロン酸やコラーゲン、プロテオグリカンなど保水性が高い成分を肌に塗ると、洗顔直後しばらくくらいの状態を維持できます。

でも水分はどんどん蒸発していきます。ヒアルロン酸であってもです。しっかり保湿しても一緒です。

だから肌表面の水分は減っていきます。

乾燥小じわがない人は気になりませんが、ある人は小じわが戻ってきます。乾燥小じわを元の状態に戻すには、結構な量の水分が必要だからです。

つまり、保湿しても乾燥小じわが消えない理由は、乾燥小じわを消せるだけの水分量を維持できないから、ということです。

乾燥小じわはミストスプレー消すな

では乾燥小じわを消し続けるだけの水分を維持するにはどうすればいいのでしょうか?

すぐに思いつくのは化粧水のミストスプレーですね。

お化粧直しに使っている人もいます。

でもこれは逆効果です。

肌を湿らせれば確かに乾燥小じわは消えます。ただミストスプレーで肌を湿らせても洗顔直後と同じです。むしろミスト状なので、肌に付着した状態が空気に触れやすく、さらに乾燥が早まります。

さらに悪いことに、ミストスプレーが蒸発するときに肌の水分も多少一緒に蒸発します。水と水がくっついてしまい、与えた水分以上に飛んでいってしまいます。

化粧水のミストスプレーがダメなら乳液か?美容液か?クリームか?

確かに油分が含まれるので水分が蒸発しにくく、肌を長く湿らせることができます。

ですが多少伸びるだけで、24時間とはいわずとも半日12時間も持ちません。せいぜい2時間程度でしょう。

思い当たることがあると思います。

お風呂上がりに何もしないでいると、どんどん肌が乾燥してしまうことが。

ミストスプレーはいわばお風呂上がりの状態にしているだけなので、そのときは潤うものの逆効果になります。

小じわは乾燥で出るとは限らない

そもそも乾燥小じわとは何なのか?

ただ肌が乾いてできるシワと思われていますが、実際にはもっと複雑です。

確かに肌水分量が不足すると角質が縮み上がり、それが細かくて浅いシワができます。

ただ、乾燥小じわが元からない人は、肌水分量が一時的に不足してもシワが出ません。

これはどういうことなのか?

確かに肌水分量、潤いがないから乾燥して小じわができる。これは間違いないのですが、それだけだとシワはできないということ。乾燥小じわができる人は、もう一つダメなことがあります。

小じわが出ない条件は角質細胞の水分量

肌水分量が下落しても乾燥小じわが出ない人がいます。

理由は何なのか?

これは角質細胞の水分が奪われていないからです。

乾燥小じわができるのは角質層です。角質細胞が重なっている部分で、垢は角質細胞が剥がれたものです。

肌水分量が落ちると角質層は縮もうとします。しかし、角質細胞自体が潤っていると、キメを保てるため縮まずシワになりません。

例えば、クレンジングが洗顔を必要以上に時間をかけて行うとどうなるか?

当然、肌がパッツンぱっつんになって乾燥しますよね。

普段から乾燥小じわに悩んでいる人は、一気に小じわが見えてきます。

しかし、普段から乾燥小じわ知らずな人には小じわが出てきません。確かに肌が突っ張っているのにです。

洗顔とクレンジングを過剰に行うと、皮脂と角質層内のセラミドが減少して水分量が落ちます。しかし、角質細胞内の保湿成分が豊富だと、角質細胞自体はふっくらさを維持できるため縮まないのです。

乾燥小じわが保湿しても保湿しても消えないのは、角質細胞内の保湿成分が足りていないからです。

目元と口元に乾燥小じわが多いのは肌の薄さ+動き

乾燥小じわは顔にできやすいですが、特に目元と口元に出やすいです。

理由は皮膚の薄さ。そして動きやすさです。

だから年齢にかかわらず、乾燥小じわは誰でもできる可能性があります。

肌が薄いとは角質層のことです。究極は唇です。唇って小じわがありますよね?なぜかって角質層がほとんどないからです。さらに会話と食事でよく動く。水にさらされる。皮脂腺がないという過酷な環境です。

目元と口元も唇までいかなくてもかなり環境が似ています。

唇、目元、口元は冬場はもちろん、春先や夏でも季節に関係なく乾燥しやすいですよね。

乾燥小じわは角質層が乾燥しやすいかどうか?これを解決できればシワ知らずになれます。

乾燥小じわが消えないのはNMF不足

では角質細胞内の保湿成分とは何なのでしょうか?

NMF(Natural Moisturizing Factor)と呼ばれる成分です。天然保湿因子とも呼ばれます。

具体的には、

  • アミノ酸40%
  • PCA-Na12%
  • 尿素7%
  • その他ミネラル等

の内容です。

なので主にアミノ酸であることが分かります。

乾燥小じわが消えない人は、角質細胞内にアミノ酸が少ないからです。

そのため角質細胞が乾燥に耐えきれず、縮んでしまいシワができてしまいます。

NMFは角質細胞に浸透できない問題

乾燥小じわが出ない肌にするには、漠然と肌を保湿しても効果がないのは当然です。

保湿ケアの大半はNMFを増やせないからです。

だからNMFの中心となるアミノ酸を補うのがベストです。

ただ、NMFは角質細胞の中にある成分なので、保湿化粧品で補っても元通りにはなりません。なので思ったように小じわになりにくい角質細胞にはなってくれません。

だから最初からNMFが多い角質細胞で肌を満たすしかありません。それができると、冬場に肌が乾燥しても小じわができなくなります。

NMFを補うよりターンオーバーを正常化

最初から角質細胞にNMFを多く含ませるにはどうすればいいのか?

角質細胞のNMFは、いわば表皮細胞自身が分解して散らばった成分です。肌の奥(基底層)で生まれてから上に上がってきて、細胞として役目を負えて死ぬときのお土産みたいなものです。

この成長過程が順調に進み繰り返せば、自ずと誰でもNMFが豊富な角質細胞で満たされます。そうなれば乾燥小じわは怖くありません。

表皮細胞の成長サイクル。これをターンオーバーと呼びます。ターンオーバーが順調に進むようにスキンケアをすれば、乾燥小じわが消えないという悩みは高確率で解消します。

小じわ対策は角質「層」を潤し続けろ!

ターンオーバーはどうやって順調に維持できるのか?

何をすれば順調に進むというより、邪魔する阻害要因を排除するのが正解です。

避けたいのは角質層全体の水分量不足です。

角質層の水分量が減るとバリア機能が落ちます。バリア機能とは肌を守る力で、角質層の水分量によって維持されます。

バリア機能が落ちると、角質層の厚みを増やして防御力を維持しようとします。そのためターンオーバーが早くなります。

ターンオーバーが早くなると、表皮細胞から角質細胞への変化も早くなります。そのため、各種酵素の働きが鈍り、角質細胞内に十分なNMFが作られなくなります。

それだったら今までやってきた保湿ケアでターンオーバーが順調になるはずだ!と考えられますよね。

でも、大多数の保湿は肌表面を「一時的に」潤しているだけです。角質層の水分量が安定していないため、ターンオーバーが正常化していません。

隠れた乾燥小じわ原因~ファンデーション

乾燥小じわは肌のバリア機能低下がスタートです。

何もバリア機能が落ちるだけではターンオーバーは乱れません。刺激が強いとバリア機能が高くてもアウト。

乾燥小じわで悩む人は女性が多いです。理由はメイクです。

ファンデーションのように顔全体に長く塗り込むメイクは、思っている以上に肌負担になっています。

洗顔のときに肌を擦ってはいけないと気にしているのに、ファンデーションのときはどうでしょうか?

乾燥小じわは主に30代前後から気になりだすことが多いです。でも、メイク方法、特にファンデーションの塗り方が下手な人は20代でも乾燥小じわが目立ってきます。

紫外線も小じわの元です

紫外線がシワを増やすことは有名ですが、乾燥小じわも増えることはあまり知られていません。

紫外線は単純に刺激です。バリア機能が落ちていると表皮細胞が炎症を起こし、ターンオーバーが乱れます。

乾燥対策ばかり目が行きがちですが、紫外線対策も当然必要です。

ただ、日焼け止めを塗る際の摩擦が問題となります。目尻など皮膚が薄くて寄りやすい部分は、塗るのではなく乗せる感覚で塗ります。とにかく多少でも日焼け止めが付いていればいいので、塗ることよりも摩擦を減らすことを重視してください。

セラミドを増やせばターンオーバーは整う

ターンオーバーを正常にするにはセラミドが欠かせません。

角質層の水分量はほぼセラミドが維持しています。水分量だけで言うならNMFは5%程度と少ないです。

保湿しても保湿しても乾燥小じわが消えない人はセラミド保湿をしていなかったからです。

乾燥小じわを消すためには、潤いというより角質層のセラミドを増やすことが不可欠です。

いやいや。私はセラミド配合の保湿化粧品を使い続けていた!という人もいるはずです。

そんな人は洗顔とクレンジングに問題があることが大半です。

なぜなら、セラミドは脂質なので皮脂と同じく洗顔とクレンジングで除去されるからです。

多少の減少は構いません。寝ている間に新しいセラミドが作られるからです。

でも作られるセラミド以上に、そして保湿化粧品で補える以上に減らしているとダメですよね。

汚れやメイクが肌に残っていると肌が老化すると言われますが、実際には洗いすぎるほうが老化スピードは断然早いです。多少はセラミド配合化粧品でカバーできますが、それでも限界があります。

セラミドは皮膚科でも推奨される

皮膚科で乾燥小じわを治すというメニューはありません。乾燥小じわは病気ではなく、治る対象ではありません。ですが乾燥を改善したいということならカウンセリングは受けてもらえます。

皮膚科医の触診と観察だけでも肌状態がどうなっているか一目瞭然です。

基本的に洗顔をしすぎないことと、適切な保湿ケアを推奨されます。

ヘパリン類似物質のローションやクリームが処方されることが多いですが、市販のセラミドコスメを勧められることもあります。

医薬品としての製品がないのでセラミド薬は処方されませんが、それでも勧められるということは、それだけ肌にとってプラスになるということです。

乾燥小じわ以上に悩み深い毛穴もセラミドで解決

毛穴が目立って困っている人も非常に多いですが、正しい乾燥小じわ対策はそのまま毛穴対策になります。

毛穴が目立つ理由も角質の乾燥だからです。特に毛穴用、乾燥小じわ用という棲み分けは必要ありません。両方同時に目立たなくなります。

保湿パックは逆効果の恐れあり

フェイスパックなどで集中的に保湿パックすると乾燥小じわが消えます。

普通に保湿するより明らかに綺麗になります。コットンをローションで浸したパックでも同じ。

でも、それは乾燥小じわが消えている時間が長くなるだけ。1時間くらい伸びるだけです。

それは角質層により多くの水分が浸透しているからですが、同時にそれだけ水分が蒸発していくことも示しています。

皮脂がカラカラならオイル保湿必須。

もしあなたが30代後半以上、もしくは皮脂が明らかに少ないのなら、セラミドだけでは足りないかもしれません。

理由は皮脂もバリア機能を果たしているからです。

と言ってもオイルでベタベタにする必要はありません。保湿化粧品に含まれるオイルで普通は十分です。

それほど乾燥肌ではない、ひどくないのなら、肌の皮脂に近いオイルを数滴伸ばすだけでターンオーバーが正常になることもあります。

肌は皮脂でもセラミドでも何かが足りないとおかしくなります。

乾燥小じわは保湿が足りないという話が先行しすぎています。実際にはNMFが足りない、それを作るためにバリア機能を維持する必要がある。そのためにはターンオーバーを順調に進める必要がある。という流れをスキンケアで整えるのが正しい乾燥小じわ対策です。

セラミド配合化粧品~選び方と実績コスメ

セラミド配合と書いてある保湿化粧品はたくさんあります。

でも人の肌のセラミドとして活躍する種類は限られています。

ヒト型セラミドしか肌のセラミドとして活動してくれません。馬セラミド、こんにゃくセラミド、米セラミドは、セラミドですがヒト型ではありません。表面的な保湿力しかなく、乾燥小じわを一時的にごまかしてくれる一般的な保湿剤と一緒です。

セラミド1やセラミドEOPなどの形で成分表に記載されていればヒト型です。選ぶ際は最低限チェックしてください。おすすめと言い切れる製品は人それぞれなので難しいですが、少なくともこの条件を守れば間違いありません。

翌朝が違う
アスタリフト ジェリーアクアリスタ
アスタリフト ジェリーアクアリスタ

ここだけのセラミド先行美容液ジェリーです。通常、油分をそれなりに含むセラミド化粧品と違い、独自技術で油分を使わずにセラミド高配合を実現しています。

洗顔直後の角質層が一番浸透しやすいときに使えるので、セラミド不足を一気に解消。

オイル感が苦手な人は、この後に化粧水仕上げでも大丈夫。豊富なセラミドが水分を捕まえて離さないため、いわゆるフタのようなクリームは不要です。

他セラミド化粧品より高価なのは、セラミド1というバリア機能に欠かせない原料、アスタキサンチンなどが高価だからです。内容に伴った価格ですね。

小じわよりヒドくても使える
DECENCIA アヤナス
DECENCIA アヤナス

セラミドの濃厚な潤いがすごく感じられるブランドです。敏感肌だけどただ保湿するだけじゃ不安……という人に対応した敏感肌専門ブランド。

ポーラの子会社なのでコラーゲン研究技術はトップクラス。敏感肌には使いにくいレチノールの代わりに、オリジナルの同様成分で刻まれた部分を盛り返します。
セラミドを与えるだけでなく、作られやすい肌環境に整えます。なかなか保湿しても実感できなかった人はやっと満足できるでしょう。

セラミドを増やす方法と保湿化粧品

セラミドは直接補うこともできますが、一番ベストなのは非人工の自分オリジナルのセラミドです。

皮脂が少なすぎる人、例えばあぶら取り紙なんて最近使ったことがない、テカったことがない人は皮脂不足かも。

皮脂不足のなら一度、人の皮脂に近いオイル(オリーブオイルやマカデミアンナッツオイルなど)を補ってみてください。無理に保湿しなくても肌の調子が戻ってきて、乾燥小じわも消えていくことがあります。

これは肌常在菌がオイルを餌として食べ、天然の保湿クリームを肌に残すからです。

特に自然派化粧品がお好みならピッタリです。

セラミドを直接補うよりマイルドですが、自分の肌の力を邪魔しない、信じるというナチュラルなスキンケアならこれです。

皮脂不足過ぎるとセラミドが増えない

ただのオイルじゃない
coyori ハリ体験セット
coyori ハリ体験セット

セラミド産生に関わる植物エキス2つに、サラッとしたオイル4種類の美容オイルが好評。

玉造温泉水の化粧水でNMF不足のダメな乾燥小じわ角質をほぐしてくれます。非常に自然ですが肌が生まれ変わる感覚があり、トライアル期間中でも何か分からないけど調子がいいと感じます。

お米の力でセラミドが増える

肌が弱い人も愛用
アトピスマイルクリーム
アトピスマイルクリーム

国産米を発酵して作るライスパワーエキスNo.11の、発明メーカーオリジナルクリームです。KOSEなど大手ブランドにも成分を卸しています。直販だけにここが一番オトクです。

ヒト型セラミドは特定の種類だけしか増えませんが、これは自分のセラミドをまんべんなく増やします。クリームですがかなり塗らない限り全くベタつかないし、アトピー肌の人に協力してもらい開発してきた経緯があるので刺激性もよく考えられています。