1. トップページ
  2. 成分
  3. 保湿力が一番強い保湿成分No.1はセラミド

保湿力が一番強い保湿成分No.1はセラミド

断トツでNo.1と言えるのは揺るぎない

保湿化粧品を変えたい。いろいろ使ってきたけど効果がいまいち。今度こそは!

と思うなら間違いなく「セラミド」ベースの保湿化粧品です。

保湿成分は様々あり、魅力的な謳い文句が化粧品メーカーの宣伝文章に並びますが、肌の構造と仕組みを考えれば誰だってセラミドが一番であることにたどり着きます。

どうしてもワクワク感を誘う保湿成分が他にも目に入りますが、肌に余計なものを与えずに、バッチリな保湿をしたいのなら迷わずセラミドを中心とした保湿化粧品を選ぶべきです。

乾燥肌の原因の原因の原因を解決できるのがセラミド

保湿成分はその種類によって特性があるのですが、何よりなぜ肌が乾燥してしまうのか?これを考えれば答えは簡単です。

肌が乾燥する…この状態は肌に水分が不足しているからですが、さらにもう一歩進んで原因を見ると、なぜ水分が不足するのか?ということになります。

これがセラミド不足です。セラミドは肌表面の水分の約80%を確保する機能があります。この時点で保湿成分の王様であることが分かるでしょう。

さらにもう一歩進もうとすると、なぜセラミド不足になるか?です。ここまで来ると、洗顔、メイク、ホルモンバランス、血行不良、栄養不足、老化…などなど複合的になってきて、どれか一つ解決してもセラミドが肌に戻ってくるかどうか分かりません。

ところが、セラミドというのは人工的に精製されたものでも、人の肌に馴染みやすく、自前の自然なセラミドと比べても遜色ない保湿効果を発揮します。

しかも、化粧品で確実に補える仕組みになっています。通常化粧品は肌に浸透する限度があり、コラーゲンやヒアルロン酸はその効果を本当に発揮できる深さまで到達できません。でもセラミドはそれがなく、その保湿効果を存分に発揮できる部分に浸透し、馴染んで留まることができます。

セラミドについての詳しいページはこちら
セラミドで保湿は乾燥肌に有効か?

セラミドと他の保湿成分の決定的な違い

セラミドが保湿効果No.1である理由を簡単にまとめると以下になります。

  • 乾燥肌の原因の大元であるのがセラミド
  • セラミドが肌水分量の80%を確保している
  • 化粧品で効果を発揮できる深さに浸透できて肌に馴染める

逆に一般的に知られているその他の保湿成分は以下のようになります。

  • そもそも不足していない
  • 肌水分量を維持する機能として働いていない
  • 化粧品で効果を発揮できる深さまで浸透できない、肌に馴染みにくい

ということになります。

肌の水分量という言葉だけで言うと、コラーゲンやヒアルロン酸も重要な役割をしています。しかし、乾燥肌症状という点では直接の関係はなく、やや遠い関係になります。乾燥肌=セラミド不足と考えてもおおまかには間違いありません。

コラーゲンやヒアルロン酸は化粧品で対処できない深さの真皮層で水分維持の役割をしています。しかし、乾燥肌症状を感じるのはここの水分不足が直接の原因ではないため、コラーゲンやヒアルロン酸は本来の場所で効果を発揮できる保湿成分ではないのです。

コラーゲンとヒアルロン酸についての詳しいページはこちら
コラーゲンで保湿は乾燥肌に有効か?
ヒアルロン酸で保湿は乾燥肌に有効か?

そして肌の外から、つまり化粧品で確実な対策ができるという点も大きなポイントです。乾燥肌原因をどんどん突き詰めていくと、セラミド不足の原因を探ることになりますが、先述のようにここから一気に原因が分岐、多様化して対応が難しくなります。

確かにそれら原因を解消しないとセラミド不足の慢性的理由が解消されないのですが、老化などどうしようもない原因もあるため完璧な対策は不可能です。

でもダイレクトに化粧品で対策できるセラミドという存在は、やはり乾燥肌症状にとってこの上ない良さを持っていることが分かります。乾燥を感じる、水分が足りない、水分を大量に確保できるセラミドが足りない…この時点でセラミドを補ってやれば、乾燥を感じるという症状の部分まで一気に原因を遡ることができますよね。

いろいろ魅力的な保湿成分はあります。それらに効果がないわけではありません。使い方、本当に効果が発揮できる方法が化粧品でないケースもあります。またセラミドを使わなくてもいい、他の方法で解決できることもあります。

ただ、肌の構造と仕組みを考えると、総合的に保湿効果No.1と言えるのはセラミドと言えるんです。