1. トップページ
  2. 保湿方法
  3. 肌水分の蒸発を抑える方法

肌水分の蒸発を抑える方法

夜の肌水分の蒸発を抑えるだけ!それで美肌美人

1.夜はセラミドがいっぱい増える時間

就寝中の肌ターンオーバー時にセラミドは作られます。そのターンオーバーを活性化させるのに絶対に必要なのが保湿状態。

水分蒸発が激しいと、肌の生まれ変わりが抑制されてゴワゴワした肌に。もちろん肌が生まれ変わらないのでセラミドも減ってしまうことになります。

2.日中は夜作ったセラミドで十分!

日中の乾きが気になる人は朝も水分蒸発を抑えたくないですか?でも朝は肌に余計なものをつけないほうが肌の活動を邪魔しません。

女性はお化粧もしますし、あまり肌にコテコテ塗ると毛穴が詰まりやすくなり肌トラブルが増えてしまいます。

夜の間にセラミドをしっかり増やすことができれば、日中はそのセラミドを活かして肌水分量を維持することができます。

保湿成分別・肌水分の蒸発を押さえる理由

1.セラミド

  • セラミドは肌角質の隙間を抑えてくれる
  • たくさんの水分を集めて水のベールを作る

セラミドは肌角質の中に浸透して、乾燥でしぼんだ肌の隙間をうめて肌水分蒸発を抑えてくれます。同時にたくさんの水分を呼び寄せて水分量をアップ。水で水を守るから潤いを感じながらベタつきなく肌水分を守ることができます。

2.ヒアルロン酸

  • 高分子ヒアルロン酸は肌に皮膜を作る
  • 水分を含んで肌にフタをする

ヒアルロン酸には高分子と低分子がありますが、肌水分量の蒸発を強力に防ぐのは高分子のヒアルロン酸です。大量の水分を含んでゼリー膜のような皮膜を肌表面に作ります。ちょっと肌が重くなりますが、寝ている間なら気にならないです。

3.ワセリン

  • 安全無害でアトピー肌も安心
  • しっかりした皮膜で水分蒸発を強力カット

定番のワセリンは医者も愛用する逸品。使うと分かるねっとりしたテクスチャーは、肌表面にしっかり密着して肌から水分が逃げるのをカットします。問題なのは使い心地がかなり悪いということ。

4.ヴァイタサイクルヴェール

  • ワセリン以上の水分蒸発抑制がありながらベタつきなし
  • 肌をサラッと保ち外部刺激をシャットアウト!

ディセンシア化粧品が特許を取得しているオリジナル成分。泥成分のタルクを利用した人工角質皮膜を肌表面に生成。ワセリン以上の肌水分維持機能を発揮しながら、仕上がりがサラッとしているのが特徴。