1. トップページ
  2. 保湿方法
  3. 肌にセラミドを増やす方法

肌にセラミドを増やす方法

セラミドを増やしたいなら、セラミドが増えやすいようにするのと、セラミドが減らないようにすることの両方が必要です。

セラミドが増えるときはどんなとき?

1.肌のターンオーバーと一緒のときに増える

セラミドは肌細胞が生まれるときに一緒に生成される保湿成分です。つまり肌のターンオーバーが活発に行われれば、それだけセラミド量も増えるというわけです。

セラミドが減るときはどんなとき?

1.洗顔・クレンジングのときに大幅に減る

セラミドは油分と水分が合体した特殊な構造をしています。そのため、水にも油分にも馴染みやすいため、肌に浸透しやすい分流れ出やすいデメリットもあります。

洗顔やクレンジングは肌の皮脂汚れを強力に落とします。そのときにどうしてもセラミドが一緒に落ちてしまいます。

2.皮膚が剥がれるときに一緒に減少する

セラミドは肌の一番表面にある角質層の中にあります。角質は垢の元です。毎日汚れと一緒に自然に落ちる分は問題ありませんが、ピーリングをやり過ぎたり、爪にひっかく、皮むけ・粉ふきで皮膚が浮き上がるなどすると、その分セラミドも少なくなります。

セラミドを積極的に増やす方法は?

1.直接補う

セラミドは保湿化粧品で肌に浸透させることができます。元々そこにあるものなので、化粧品でも浸透できて馴染みもいいのでお手軽です。

2.ぐっすりたっぷり寝る

セラミドは肌のターンオーバーのときにたくさん作られるんでしたよね?そしてそのターンオーバーが一番活発になるのが夜の睡眠中です。

久々にぐっすり寝たな~という日の朝。肌がいつもより調子がいいと感じたことはないでしょうか?それはセラミドが増えたという実感の一部です。

肌を作り替えるには、他の作業を止めてあげないといけません。何も考えずぐっすり深くたっぷり寝ることで、肌が生まれ変わるのに力を多く使えるため、肌のセラミドも大幅に増えます。

これでももっとセラミドケアできる!

1.肌水分の蒸発を抑える

セラミドが主に作られる就寝中。そのときに肌水分の蒸発が抑えられていると、より肌のターンオーバーがうまくいきます。つまりセラミドを多く作れるわけですね。

2.ライスパワーエキスNo.11でセラミド生産

ライスパワーエキスNo.11という医薬部外品成分はセラミドが作られるのを促す作用があります。お米の発酵抽出エキスで自然な成分。セラミドを直接補う方法より即効性はありませんが、じわじわと増える方法です。

ただし、ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足があると本来のライスパワーが発揮されないので注意。