1. トップページ
  2. 化粧品
  3. かゆくならない保湿化粧品はどんなの?

かゆくならない保湿化粧品はどんなの?

  • 敏感肌専門ブランドはやはり安心
  • 肌(角質層)に浸透しない保湿成分は安全傾向
  • コラーゲン配合はアレルギーリスクがある

敏感肌専門ブランドはやはり安心

かゆみを感じやすいのも敏感肌の一種で。だから敏感肌向けというのは選ぶ基準になりますが注意が必要です。

よく敏感肌使用O.K.となっている保湿化粧品は多いですが、合成香料や石油系界面活性剤を使っていないなど、別に特別でも何でもない仕様を敏感肌でもO.K.と謳っているものが目立ちます。

その点敏感肌専門ブランドというのは、だいたい製薬会社も関わっていたりと成分にこだわっており、パッチテスト、モニターテストも入念に行っています。そういうブランドだと広めているのに、あそこの化粧品はかゆくなりやすいなんて口コミが出たら一発アウトですから。

もちろん敏感肌専門ブランドでなくても同等の品質のものはあります。ただ見極めにくいという点で、専門ブランドのほうが選びやすいですね。

肌(角質層)に浸透しない保湿成分は安全傾向

ワセリンがかゆみをおこしにくいのは、肌表面に皮膜を作るだけだからです。さすがに肌表面を突き破ってまでかゆみ神経は出てきません。

ただ化粧品というのはとかく「浸透力」が重視されます。浸透しないと効果が出ないというイメージです。

ですが、保湿化粧品の本来の目的は、肌水分量の蒸発を抑えて、夜寝ている間の肌修復(セラミドなどの保湿成分も増える)を助けるためです。そのために必要なのは、なるべく奥に保湿成分を浸透させるのではなく、肌にフタをすることで水分蒸発を抑えることです。

高分子ヒアルロン酸は肌角質に浸透できず、肌表面に皮膜を作るため安心です。また成分自体もアレルギー反応を起こすことがかなり稀なのでこれも安心できるポイントです。

唯一例外なのがセラミドでこれは角質層に浸透するべきものです(人の肌はみんなそうなって保湿されている)。ただセラミド入りといっても、他の成分がかゆみを引き起こすなら問題です。セラミド自体にかゆみを起こす性質はありませんが、一緒に含まれる成分の何かが悪さをする可能性はあります。

だから高分子ヒアルロン酸が主体であっても、低分子ヒアルロン酸やコラーゲン、その他浸透しやすい成分が一緒に含まれていると、それがかゆみを引き起こすかもしれません。

保湿化粧品はいろいろな成分が複合して含まれているため、一つの成分にだけ注目しても思ったとおりの使い心地にならないことは往々にしてあります。だからこそ敏感肌専門ブランドなど、肌への刺激について徹底的に考えられたブランドのほうが安心して使いやすいというわけです。

コラーゲン配合はアレルギーリスクがある

コラーゲンというと化粧品成分の王様であり、保湿化粧品でもよく見かけるものです。

ただコラーゲンの真価は保湿化粧品では活かせず、またセラミドやヒアルロン酸に劣る面があります。

それがアレルギーリスクです。

コラーゲンというのはたんぱく質であり、ゼラチンでもあります。つまりゼラチンアレルギーと診断された人はコラーゲン配合保湿化粧品に反応する可能性が高くなります。

またコラーゲンの原材料は動物性、植物性と分かれ、動物性でも魚由来か豚由来かなど細かく別れます。そして同じコラーゲンでも何由来かでアレルギー反応が出る出ないがあります。

また、コラーゲンは肌に残ることで皮膚の常在菌の餌となります。常在菌は美肌菌も含んでおり重要な菌ですが、人間と同じで食べ過ぎると悪さをします。コラーゲン配合化粧品を常に肌に塗りたくっていると、常在菌のが排出する物質に肌が反応してアレルギー症状を示す可能性があります。

肌の仕組みと保湿機能についてある程度詳しくなると、コラーゲン配合化粧品というのは今までのイメージ以上に大して効果がないことが分かります。肌にかゆみを感じてしまう人は、コラーゲンをメインの保湿成分に据えた保湿化粧品は避けたほうがいいでしょう。