1. トップページ
  2. 化粧品
  3. 乾燥肌の洗顔石鹸・ソープは弱酸性?弱アルカリ性?

乾燥肌の洗顔石鹸・ソープは弱酸性?弱アルカリ性?

弱酸性のほうが乾燥肌を悪化させる可能性がある

お肌は弱酸性。だから刺激がなくて肌に優しい。

だからデリケートな乾燥肌にも弱酸性がいいよね!

というのはちょっと違います。弱酸性の洗顔石鹸・ソープは、洗浄力がマイルドで洗いすぎによる保湿成分流出を防げますが、洗い心地が気持ちよすぎるため、多くの人が時間をかけて洗いすぎています。その結果、肌を守るつもりが余計に乾燥させているということに。

弱アルカリ性の洗顔剤でもバカ丁寧に洗い過ぎなければ乾燥肌を悪化させることはありません。要は洗い方、洗顔にかける時間のほうが重要です。それに弱酸性の洗顔剤には肌に余計なものが含まれているケースがあるのでこれも注意。

弱酸性の洗顔石鹸・ソープが思ったより効果がない理由

肌は常に弱酸性となっています。これは顔も頭皮も同じで、最近の洗顔石鹸・ソープ(以下、洗顔剤)やシャンプーは弱酸性がキーワードになっています。肌と同じPH値なので肌環境を変えないので肌に優しいためです。

乾燥肌の人は洗顔剤にこだわるので弱酸性のものが良さそうと思うでしょう。いかにもお肌に優しくて潤いが残りそうなイメージです。

確かに弱酸性洗顔剤は、アルカリ性のものより洗浄力が弱くてマイルド。だから肌への刺激、脱脂力も低くなるのでお肌の保湿成分を守ることができます。

しかしこれは時間あたりの洗浄力の大小であるので、弱酸性の洗顔剤であっても丁寧に時間をかけて洗顔していると、その分保湿成分が肌から溶け出やすくなるため弱酸性洗顔剤を使っている意味が薄れてきます。特に乾燥肌の人は洗顔をし過ぎている傾向があるため、弱酸性だから乾燥しにくいと安心しきっている人も多いでしょう。

また弱酸性洗顔剤には保湿成分や油分など潤いを足すものが添加されている傾向があり、その潤い感が手にあるため余計に長時間洗いがちです。

つまり弱酸性は肌に優しいという言葉に惑わされないこと。時間をかけて洗えばその優しさも時間をかけた分意味を失います。弱酸性の洗顔剤だから乾燥肌になりにくいというわけではありません。

弱アルカリ性の洗顔石鹸・ソープのほうがいい?

弱アルカリ性の洗顔剤というのは昔ながらの石鹸タイプに多いもので、こちらが洗顔剤の基本となります。

乾燥肌だから敏感肌だからと言わず、基本的には弱アルカリ性の洗顔剤のほうが結果的には肌に優秀だと思ってください。

顔の汚れというのはアルカリ性がバッチリ落ちます。その分肌の保湿成分も落ちやすくなりますが、時間をかけすぎなければ全然問題ありません。むしろ短時間でさっと汚れが落ちるため、洗顔時間を弱酸性より大幅に短くでき、総合的には保湿成分の流出が少なくなります。

特に顔の老化、乾燥を引き起こす酸化した皮脂「過酸化脂質」をバッチリ落とせるのもメリットです。

でも弱アルカリ性で洗うとお肌がアルカリ性に傾くから良くないんじゃないの?となりますが、アルカリ性に傾くのはわずかな時間で、しだいに肌の常在菌が弱酸性に戻していきます。

この肌の常在菌との付き合い方も重要で、あまり馬鹿丁寧に洗顔すると常在菌を減らしすぎて弱酸性に保てなくなります。洗顔剤に入っている防腐剤は殺菌作用があるため、長時間洗顔するとその分、常在菌が一杯死んでしまって弱酸性のお肌に保ちづらくなります。

だから弱酸性の洗顔剤だったら安心というわけではなく、むしろ防腐剤の影響により常在菌を減らしてしまい、むしろ弱酸性に保つことを難しくしていることもあります。

弱酸性か弱アルカリ性かより、洗い方と洗う時間のほうが重要

以上のことから、洗顔剤は基本的に弱アルカリ性のものを使うのが基本と言えます。ただ弱酸性のものを使ったらダメというわけではありません。

やはり大事なのは洗い方、洗顔にかける時間です。思っている以上に洗顔は短時間で十分です。保湿スキンケアをどうとか言う前に、洗顔時間を今の半分にすれば乾燥肌が治る人は大勢います。

もし今の洗顔剤の使用感にヌルヌル感があるようなら保湿成分が過剰に入っているので変えた方がいいでしょう。その際は一度弱アルカリ性のもので短時間洗顔に切り替えてみてください。意外にそれだけで日中の乾き具合が軽くなると思いますよ。

洗顔剤を買い換えようという人は、できればいくつか試供品などで試してください。どうしてもこれまでの洗い方、洗顔にかける時間の癖があるので、意識してもなかなか抜けません。他人がすごいいい!と言っているのに自分はいまいち…というのは、みんなその癖が違うからです。

逆に考えれば、洗い方と時間をコントロールできる人なら、肌がかなり刺激に弱くなっているなど除けば、どんな洗顔剤でも肌に合うということですね。