1. トップページ
  2. 化粧品
  3. 泡立ちがいい洗顔石鹸・ソープは乾燥肌を進行させる?

泡立ちがいい洗顔石鹸・ソープは乾燥肌を進行させる?

モコモコ泡で美肌・乾燥肌改善はあまり関係ない

洗顔はやたら泡立ちが重要視されます。しかし泡立ちは決してそこまで必要で重要ではなく、泡立ちを重要視し過ぎると逆に乾燥を進めることもあります。

泡立ちがいい…

というのがあまりに極端な場合、確実に発泡剤など泡立ちをよくする添加物が入っています。無理やり泡感を作ってゴージャス感を作ることで販売を伸ばすためです。

この添加物が肌に刺激となっている場合があります。また泡洗顔は肌に優しいという知識だけが先行し、長時間洗顔をしてしまって肌の保湿成分を減らしている人もいます。

泡がなぜ洗顔に必要なのか?この理由を正しく知れば、泡立ちの良さにそこまでこだわる必要がないことに気づくはずです。

過剰なモコモコ泡は不必要。むしろ洗浄成分効果をまともに受けすぎて乾燥が悪化する可能性だってあるんです。

泡立ちの良さは商品を売るためと思った方がいい

洗顔石鹸・ソープ(以下、洗顔剤)の販売ページには泡立ちがいい、すぐに泡立つ、ふっくらもっこりしたゴージャスな泡が簡単にできる…といったことがよく書かれています。美容ブロガーさんも泡立ちの良さを嬉しそうにレポートしているのをよく見ます。

これは洗顔剤の泡が十分ないと直接肌に手が触れるため肌への刺激が伝わってしまい、シワや乾燥の原因となってしまう、という理由のためです。

しかしこれはやや化粧品会社に騙されている部分があります。

泡立ちが通常の洗顔剤より明らかにいいという場合、それは発泡剤など泡立ちをよく見せるための添加物が多い可能性があります。高級な洗顔剤ほどその傾向はあります。どうしても泡立ちが良くないとゴージャス感にかけるためです。美容化粧品は内容もそうですがイメージが良くないと売れないからです。

お化粧時や保湿ケア時に肌に触っているのはいいの?矛盾しない?

泡立ちを介することで直接肌に触れなくていいと言いますが、では普段の化粧やスキンケアでベタベタ肌に触れているのはどうなんだ?という矛盾があります。

そんなに肌に直接手が触れてはいけないのなら、他のケア時ももっと気をつけるべきなのにそこまでやっている人はいません。むしろコットンパッティングなどで過度に化粧水を叩き込んでいる人もいて筋が通っていませんね。

モコモコ泡は不必要。むしろ乾燥肌を悪化させる可能性もある

確かに顔の肌に触れすぎないほうがいいのは確かなのですが、洗顔の役割を考えると別にそこまで厳格に意識することもありません。洗顔の役割は、1日の皮脂・ほこり汚れ、お化粧成分などを綺麗に落として何もない肌に戻すことです。

洗顔剤の泡は確かに手より刺激が弱いですが、だからといって洗顔時間が長すぎると洗顔成分が必要以上に肌に付着してしまい、余計に角質層の保湿成分が逃げ出してしまいます。肌に触れないように…と丁寧にやり過ぎた結果、余計に洗顔時間が伸びて乾燥が進むという矛盾に陥ります。

泡立ちが良すぎると、それだけ肌に触れる表面積が大きくなるため、洗浄成分の脱脂力がより発揮されて保湿成分が逃げてしまいます。

それに宣伝や雑誌で見るようなモコモコ泡でなくても、ある程度の泡があれば直接肌に触れるときのような刺激はなくなるので、泡立ちを求めるのはほとんど意味がありません。

多くの女性はこの洗顔時間が長すぎるのが乾燥肌原因の一つとなっています。確かに泡を介したほうが刺激は少ないですが、洗顔時間が長いほうがもっと問題です。それに泡立ちにこだわり過ぎると、発泡剤などの添加物に肌が刺激を受ける時間がながくなるだけです。あまり泡立ちで洗うということにこだわるのは意味がないですし逆効果になることもあると思ってください。