1. トップページ
  2. 化粧品
  3. 洗いあがりが潤う洗顔石鹸・ソープは乾燥肌を悪化させる

洗いあがりが潤う洗顔石鹸・ソープは乾燥肌を悪化させる

潤いの残る洗顔は乾燥肌を悪化させる!

洗顔後にお肌ウルウル~と思わず触りたくなる洗顔石鹸やソープ…

正直言って乾燥肌改善には逆効果と考えていいでしょう。

潤いを感じるのは保湿成分が洗顔成分に含まれているからですが、その潤いがあるせいで自分の洗顔が間違っていることに気づかず、どんどん乾燥肌を悪化させてしまうからです。

洗顔で保湿はできません!

洗顔の役割は汚れを落とすこと。そしてやり過ぎると肌のセラミドが減ること。これを理解しているなら洗顔後に潤いを求めるのは、洗顔剤ではなくその後の保湿化粧品の役目だと気づくはずです。

肌が潤っている非乾燥肌の人は普通の石鹸で洗っても洗顔後に突っぱりません。そういう肌を目指しているはずなのに、石鹸でごまかしているっておかしくないでしょうか?

洗顔剤の保湿成分が悪いわけじゃありません。乾燥肌向けにはよく入っています。ただ量が問題。洗いあがりにヌメりを感じるようなのはかなり危ないです。

洗顔後に潤う洗顔石鹸・ソープの何が悪いの?

乾燥肌の人は洗顔をすると肌に突っ張りを感じることが多く、この突っ張りが気になるため潤いのある洗顔石鹸・ソープ(以下、洗顔剤)を好まれるケースが多いですね。

でもこれは使い方次第で乾燥肌にとっては逆効果です。

洗いあがりに潤うのは洗顔剤に保湿成分が入っているからです。この保湿成分が肌表面に残るため潤いを感じます。

しかし、これは乾燥していないのではなくて、乾燥していない「ように」感じているだけで、実は肌はバッチリ突っ張ってします。なので感覚だけの話です。

洗いあがりに潤いがあるから安心して洗顔してしまう

結果的に洗いすぎる、時間がかかりすぎる

肌の保湿成分が多く逃げ出す、でも肌に残った潤い成分のおかげで乾燥に気づかない

次の日また洗いすぎる…

という繰り返しになってしまい、洗顔すればするほど、日中など潤い成分が切れてきた時、お化粧するときに強烈に乾燥を感じるようになってしまいます。

洗顔は肌の汚れを落とすためのもの。保湿するためのものではありません。洗顔剤に潤いなんて求めるのは大間違いです。

肌が突っ張ったほうがいいの?

じゃあ肌が突っ張ったほうが乾燥肌が治るの?ということになりますが、これはちょっと言いすぎですね。

突っ張る、ということは、それだけ肌角質層に保湿成分(主にセラミドなどの細胞間脂質)が不足しており、肌水分が枯れているからです。それをごまかすのが潤い成分の多い洗顔剤なのですが、その保湿成分は肌表面に残っているだけのごまかし。

どうしても洗顔後に感じる症状のため洗顔が悪い、洗顔で何とかしようするのは分かりますが、洗顔は洗顔。洗顔はやり方しだいでむしろ乾燥をひどくするんですから、洗顔で突っ張りを解決しようとするのは一旦忘れましょう。

洗顔がやり過ぎなどの問題がないのなら、できること、やるべきことはその後の保湿スキンケアです。一番てっとり早くて効果的なのは人型のセラミドを角質層に浸透させること。それだけで肌水分量はグンとあがり、次第に自前の保湿成分も増えてきて洗顔後に突っ張りを感じなくなってきます。

誰だって洗顔をしたらその日一番乾燥している状態になるんです。ただ、元々保湿成分が100ある人と30しかない人が洗顔したのでは、同じ洗顔剤と洗顔時間・方法であっても洗い上がりの実感に差が出ます。なので、洗顔がどうこうの前に、元々の保湿成分を100に近づけることが最優先なのです。

どんな洗顔石鹸・ソープを選べばいい?

どんな洗顔剤がいいかというと、極端な話普通の石鹸でもいいくらいなんです。

ただ、どうしても洗浄力が強すぎて扱いにくく、短時間で仕上げる必要があるために洗い残しなどムラが出てしまいます。

どんな洗顔剤でも使い方しだいで、その洗顔剤の効果を一番発揮できる使い方ができるかどうか?という点のほうがポイントなんです。

乾燥肌の人なら、肌に潤いが残るといったことが書いてあるもの、突っ張らないといったことをアピールしているものは避けましょう。そこまでアピールしているものは相当保湿成分が入っている傾向があります。それ以外なら、保湿成分が含まれていても荒い方に影響を与えるほどのものではありません。洗いあがりが適度に水々しさを感じる感じなので問題はないでしょう。

最初に手をじっくり洗ってみて、それでも妙な潤いを感じるようなものはアウトです。試せる機会があるなら手でやってみればすぐに分かりますよ。