1. トップページ
  2. ケア方法
  3. 睡眠は乾燥肌改善の特効薬!

睡眠は乾燥肌改善の特効薬!

  • 寝不足でそこまで乾燥肌になる?
  • ただ寝るだけでO.K.?
  • 睡眠の質を上げる方法は?

寝不足でそこまで乾燥肌になる?

睡眠は美肌になるために必要と散々耳にするでしょうが、なかなかそれを実践できる人はいません。どうしても化粧品など直接的にケアできる方法のほうが効果ありそうなイメージに直結しますからね。

でも、寝不足というのは乾燥肌の非常に大きな原因になります。

肌というのは常に生まれ変わっていますが、そのタイミングというのが主に夜寝ているときだからです。このときに1日で壊れた、傷ついた肌細胞を修復します。

その際に、じわーっと保湿成分である細胞間脂質も肌に染み出してきます。この細胞間脂質が多いか少ないかで乾燥肌症状が決まります。

これらは特に夜10~深夜2時頃がピークとされています。このときに肌を成長させる成長ホルモンが多く分泌されるためです。通称ゴールデンタイムと呼ばれています。

人により生活リズムが違うので一概にこの時間帯とは言えませんが、普通人の備わった生活リズムによって体内機能が発揮されるため、だいたいこの時間帯です。昼夜逆転している人は肌トラブルに悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

そしてこのゴールデンタイムはだいたい最低6時間から7時間くらいの睡眠時間があった場合の話です。このベースとなる十分な睡眠がないと、ゴールデンタイムの時間も短くなります。睡眠時間全体が短くなると、ゴールデンタイムの時間も短くなるだけでなく、そのピークも低くなるため肌の保湿力が戻ってきません。

ただ寝るだけでO.K.?

ではただひたすら寝ればいいのか?というと正解でもありますが間違いでもあります。

寝るということは人類共通の作業なので特別に何かをすることはありません。一般的にぐっすりと眠れるという方法などを意識すればいいだけです。

最近だとベッドに入ってスマホを見ている人が多いですが、強い光を直前まで目に浴びていると眠りに入りづらく、かつ浅い眠りになってしまいます。子どものときは肌が何ともなかったのは、睡眠時間はもちろんのこと、このぐっすりと眠っていたという点も大きいことをお忘れなく。

よる寝る前に牛乳やお酒を飲んだらいいという話も話半分に聞いておくべきです。ぐっすり眠るのに何か特別なことをする、特に何かを食べたり飲むというのは必要ありません。それにこだわりすぎて違うデメリットに悩んでいる人は多いです。またそういった不自然な習慣を頑張ることで知らない間にストレスを感じてしまいます。ストレスは乾燥肌の大敵です。

結局はぐっすり眠れる方法という積極的な方法より、ぐっすり眠れることを邪魔するものを取り除く消極的な方法を意識するべきです。

睡眠の質を上げる方法は?

ただストレスなく睡眠の質を上げる、肌のゴールデンタイム効果を引き上げる取り組みがあります。

それがアミノ酸です。

アミノ酸は乾燥肌の特効薬?肌を作る秘密の栄養

アミノ酸は多数の種類がありますが、アルギニンやオルニチンといったアミノ酸は成長ホルモンの分泌促進作用があることで有名で、よる寝る前に一定量摂取することでゴールデンタイムの質を上げる取り組みができます。

またグリシンというアミノ酸は、これも夜寝る前に摂取することで睡眠に入りやすい状態に導いてくれるとされています。

これらはアミノ酸という食品であり、顆粒やドリンクタイプなどでサッと簡単に摂取できるものが大半。費用がかかるという点を除けば、簡単に毎日の習慣として続けることができてノンストレスです。

アンチエイジングに取り組んでいる女性の多くはこのアミノ酸摂取をしています。プラセンタにもアルギニンなどのアミノ酸が豊富にはいっているからです。

つまりアミノ酸は睡眠と栄養という、肌を綺麗にするのに欠かせない対策の両方に簡単にアプローチできる優れた栄養というわけです。

ただ、これも十分な睡眠があってこそアミノ酸パワーが引き出されます。全くの寝不足状態をカバーするものではありません。やはりベースは規則正しい生活習慣とバランスの取れた食生活。これらが大事だと昔から散々聞かされるのは間違っていなかったということです。