1. トップページ
  2. ケア方法
  3. 肌に保湿成分を浸透させない保湿方法

肌に保湿成分を浸透させない保湿方法

理想の保湿方法!でも効果が出ない人も多い!

本当に肌に負担をかけない保湿をしたいなら、肌に浸透する保湿成分を避けるべきです。そしてその保湿方法は万人が使え、肌を痛めることなく保湿効果を発揮させることができます。

ただ、この方法は人によって効果の現れが相当違います。1か100かというくらいに差が出ます。なので、まずはこの肌に浸透させない保湿方法を試してみて、それでもダメなら…という手順を踏むと、肌へのダメージを避けつつ効果的な保湿、美肌へのケアができるようになります。

乾燥状態がひどい人、生活習慣が乱れている人はこの方法では潤いが戻ってきづらいと言えます。

肌に浸透させる保湿方法は矛盾している

保湿に限らずスキンケア化粧品、エイジングケア化粧品の売りはどこも「肌に浸透する」というのが売りです。

ですが、肌に何かを浸透させるというのは少なからず肌に負担がかかります。それは保湿成分であっても完全に否定できず、保湿したことによって肌が荒れるケースは絶ちません。

肌は本来バリア機能があり、異物どころか水でさえも浸透しないようにできています。乾燥肌というのはこのバリア機能が弱まっている状態。つまり保湿成分も浸透しやすい状態です。

だから矛盾しているんです。

保湿ケアというのは、肌のバリア機能を回復させるということです。肌のバリア機能は肌角質層に水分を戻して潤すことで回復するからです。

でも保湿成分を浸透させるということは、そのバリア機能を破って浸透させるということ。バリア機能を改善させるためにバリア機能を一時的に破壊しているのと同じことになります。

浸透させずに肌にフタをすることができる保湿成分は?

肌に保湿成分を浸透させない保湿方法の基本は肌にフタをすることです。

肌は主に夜寝ているときに修復・再生を行って生まれ変わりが激しくなります。睡眠が美肌に重要なのはこのため。

そしてこの寝ているときに、肌から水分が逃げないようにしておくと、より肌の生まれ変わりがスムーズにいき、綺麗で潤いのある肌細胞へとなっていきます。その結果、肌角質層のキメが整いバリア機能が回復。水分蒸発が少なく乾燥しづらい肌になります。

このフタをするという言葉は美容関連の話でよく聞くでしょうが、一般的にフタをするという表現をされていても実際にはフタになっていないことが多いです。

代表的なのが皮脂の代わりになるような油分。皮脂膜が水分の蒸発を防ぐと思われていますが、実際はほとんどそのような効果はありません(参照:皮脂不足を補うオイル保湿の乾燥肌改善効果)。

本当に肌にフタができるのはワセリン(成分じゃないですけどね)や高分子ヒアルロン酸です。

ワセリンと高分子ヒアルロン酸

ワセリンは乾燥肌対策の定番中の定番。石油から作られるものですが肌に無害で誰でも使える保湿剤です。

ワセリンは使ったことがある人なら分かるでしょうが、かなりこってりした粘り気のある硬いクリームです。これを肌に伸ばせば…さすがに肌にフタがされるのが分かるでしょう。肌から蒸発しようとする水分を抑えられるのは一目瞭然。

ベタつきが相当あるので嫌いな人が多いようですが、使うべきタイミングは寝る前なのでまだマシじゃないでしょうか(一部ですがべたつかずにワセリン以上のフタ機能がある特殊な保湿化粧品ブランドもあります → decencia(ディセンシア)について

高分子ヒアルロン酸も同じような状況を作れます。高分子というのは、特にナノ加工(分子を小さくする)をしていないノーマルな状態のヒアルロン酸です。低分子ヒアルロン酸というのは、高分子ノーマル状態だと肌に浸透しないので、浸透できる大きさまで小さくしたものです。

だから低分子ヒアルロンだと浸透する保湿成分になってしまいます。低分子ヒアルロン酸は大量の水分を肌に浸透させることができますが、それは保湿ケアに必ず必要なものではなく、元々肌角質層に存在しないヒアルロン酸を浸透させることは本来肌にとって不自然、無害とは言え肌の負担になっていると考えることもできます。

効果てきめん!のはずの肌にフタが効かない人はなぜ?

肌にフタをすることで乾燥肌独特の水分が蒸発しやすい肌をカバーすることができます。乾燥肌を治すためにはまず肌水分の蒸発による減少を食い止めるのが条件。それができれば、乾燥肌改善の一歩となります。

ただ、保湿成分を浸透させない保湿ケアの場合、人によって保湿改善効果の現れにかなり差がでます。

保湿成分とはいっても、肌自体に潤いを与えているものではありません。あくまでフタだけです。なので肌に潤いをもたらす作用はあくまで自分自身の肌がやらないといけません。

乾燥肌の人も常に肌は自分自身でなんとかしようという努力をしています。ただ水分蒸発が多いとその努力が発揮されない。なのでフタをすることでそれを助けてやれるのですが、肌自身の努力具合が人によってかなり違います。

同じ年齢、同じ生活習慣の人同士でも肌の具合がみんなそれぞれ違うように、肌の再生力、自然に持つ生理機能としての保湿機能は人それぞれで強弱があります。そのときの体調にもよります。

なので、肌にフタをしているだけで的確に乾燥状態が改善する人と、一向に改善しない人もでてきます。これはその肌再生力、肌自身の保湿機能の差が生み出すものです。

保湿成分を浸透させない保湿ケアの効果を引き出せる条件

元々持っている機能の強弱は仕方がありませんが、大半は食生活や睡眠時間と質によって肌自身の保湿機能等が左右されます。

特に寝ているときに肌が生まれ変わり、じわーっと肌内部から細胞間脂質と水分が染み出してきて、一日で壊れた肌を埋める作業を行います。

しかし寝不足だとこの修復時間が減るので、肌にフタがされていても肌修復、保湿が完全に終わりません。そして中途半端な状態でまたお化粧、洗顔と肌から保湿成分が逃げていきます。

食生活の乱れ、ストレスといったこともホルモンバランスを見だしてこのような肌改善機能を低下させます。

だから肌にフタをする、保湿成分を浸透させない保湿方法は、美肌の基本となることができていない人にはほとんど効果が出ません。なので実感だけはすぐに感じられる浸透させる保湿成分に逃げがち。でもそれは一時的な効果だけに終わっている物が多く、いつまでも肌に負担をかけ続けることになってしまいます。

参考:セラミドは浸透させるのが普通で不自然ではない保湿成分

肌に浸透させる保湿成分の中でも例外になるのがセラミド(細胞間脂質等)です。

セラミドは元々肌角質層に存在し、これが減少することが乾燥肌になるのですから、ここにセラミドを戻してやることは不自然なことではありません。セラミドは洗顔でも減少するように、肌角質層を出たり入ったりできるものです。

ただ、セラミド入り保湿化粧品の大半は、どうしてもその他成分も一緒に含んでいます。その意味では、一緒に浸透してしまうことで肌に多少なりとも負担をかけていることになります。

また、効果的な保湿成分であるセラミドに頼りすぎるのも問題でしょう。最終的には肌にフタをするだけで肌にセラミドが自然に染み出してくるような肌を目指すべき。何でもかんでもセラミドに頼りすぎていると、肌自身が自分でセラミドを染み出させることを忘れないとも限りません(参照:保湿のし過ぎで乾燥肌が治らないのは本当)。

しかしセラミドは元々肌にあるものなので、他の保湿成分のような不自然さはありません。1日1回、夜寝る前のケアに浸透させるのは特に肌機能を低下させるまではいかないでしょう。もし一日に何度もセラミドを浸透させるようなら肌自身の機能を低下させてしまうものと思われます。

あくまで保湿ケアは肌本来の機能が発揮されることを助けるためと理解しておきましょう。それを一番守れるのが保湿成分を浸透させない、肌にフタをする夜の保湿ケアということです。