1. トップページ
  2. ケア方法
  3. ノーファンデーションで乾燥肌が改善される?

ノーファンデーションで乾燥肌が改善される?

ノーファンデにすると余計に乾燥を感じる、肌トラブルになる可能性がある

ファンデーションは肌に悪い。乾燥を進めるからノーファンデで過ごせば乾燥症状が良くなる…

というのは、正解でもありますし、一部間違いでもあります。

ファンデーション、特に油分が含まれた一般的なファンデーションは肌に負担をかけ、メイクオフする際に洗顔成分で肌の保湿成分をより洗い流してしまう原因となります。

なのでノーファンデで過ごすと肌に負担がなくなり、かつ洗顔時が短時間で簡潔に済むため、不足している保湿成分をこれ以上減らさずに済みます。

ただ、乾燥している状態のままノーファンデで外出すると、ファンデーションに守られていた肌への刺激を感じるようになり、それが元でかゆみ、赤みを発症することもあります。

また、曲がりなりにもファンデーションが水分蒸発を防止していた側面もあるため、ノーファンデで過ごすとさらに乾燥を感じることもあります。

さらにUVカット効果によりシミ、シワを予防できていたこともなくなるため、一概にノーファンデが乾燥肌にいいともい言い切れません。

一番いいのは、ノーファンデでも刺激や紫外線に負けない、保湿された肌を取り戻すことです。ノーファンデはその対策と平行して行うべきでしょう。

ファンデーションと乾燥肌の関係

乾燥肌に人気のリキッドタイプはさらに乾燥を進める

ファンデーションはパウダータイプ、リキッドタイプ、ミネラルタイプと様々ありますが、乾燥肌の人はファンデの乗りを気にしてリキッドタイプを使う人が多くなります。

パウダー系、ミネラル系は粉状であるため、皮脂量が少ないカサカサタイプの乾燥肌の人はノリが悪くなるためです。

また、逆に皮脂が日中に浮いてくる人は、パウダーが変色してくすみが出るため、同じく嫌われる傾向です。

しかし、リキッドタイプのファンデーションには油分が多く含まれており、乾燥した肌に密着しやすく、皮脂浮きにも比較的耐えられるものの、油分のせいで肌への負担は大きくなります。

特に乾燥肌の人は肌角質層にセラミド等の保湿成分である細胞間脂質が不足しているため、油分成分がこれら細胞間脂質と馴染みやすくなります。

帰宅後ファンデーションをクレンジングや洗顔で落とす際に、貴重な保湿成分がノーファンデのときより落ちやすくなっているため、毎日ファンデーションをつけて出かけることは乾燥肌を進行させやすいことになります。

細胞間脂質を補えばファンデーションのタイプは選ばなくてよくなる

ただ最初に書いたように、ファンデーションにも肌を守る一定の効果もあり、正しく使っていれば絶対に使ってはダメということでもありません。

普通にファンデーションを使えている人がいるように、乾燥肌の人は、普通にファンデーションを使えている人にあって自分にないものを補えばいいわけです。

その補うべきものが先ほど出てきた細胞間脂質です。細胞間脂質が十分にある肌なら、ファンデーションのタイプ問わずに使え、ファンデーションが乾燥肌を引き起こすこともありません。

肌にはパウダータイプのほうが遥かに優しいため、ちゃんとした保湿をすればUVカット効果のあるパウダータイプを使って綺麗な肌色に仕上げることができます。

ノーファンデにするならセラミド保湿を忘れずに

肌表面の角質層にはセラミドを代表とする細胞間脂質が充満しています。この量が不足すると水分を保てなくなり乾燥肌になります。

細胞間脂質により水分が満たされていると、余分な皮脂が出にくくなり、ファンデーションの崩れを予防できるほか、日焼け止めを塗っていないときでも紫外線の影響を受けにくくシミができづらくなります。

また、できてしまったシミもターンオーバーが正常化するため追い出しやすくなります。

乾燥肌の人はこのような機能が全て欠けているため、いきなりノーファンデにすると乾燥を強く感じるようになったり、今までなかった肌トラブルを感じることもあります。

確かにノーファンデは肌にいいのは間違いありませんが、ファンデーションが果たしてきた役割もあるため、必ず効果的な保湿をしつつノーファンデにしないと予想外の肌トラブルに発展する可能性があります。