1. トップページ
  2. ケア方法
  3. ミルフィーユ塗りで乾燥肌は一時的にしか治らない

ミルフィーユ塗りで乾燥肌は一時的にしか治らない

ミルフィーユ塗りの潤い感は幻

乳液を塗ってから化粧水を塗る、また乳液を塗って…

と繰り返す保湿方法をミルフィーユ塗りといい、ケーキのミルフィーユが何層にもなっていることからこの名前がついています。

評判はかなり高く、普通のスキンケアより潤いをとても感じたと人気なのですが、これは肌にとっては好ましくなく、乾燥肌をむしろ助長するケア方法です。

ミルフィーユ塗りの効果・乾燥肌が悪化する可能性について

乾燥肌ではない人が感じていない潤い感って普通?

ミルフィーユ塗りが効果あると実感できる理由は、肌に潤いを強く実感できるためです。

ただ保湿というのは、肌に潤いを感じるかどうかではありません。化粧品メーカーが潤い感をアピールするため勘違いしやすいのですが、乾燥肌ではない人はどんな実感を肌に持っているかというと、「何も感じていない」が正解なんです。

つまりミルフィーユ塗りで味わえる保湿感というのは異常な状態だということです。

乳液の重ね塗りで乾燥肌に足りない機能が失われる

ミルフィーユ塗りが効果的とされるのは、乳液により肌のバリア構造が弱まり、化粧水が角質層に浸透しやすいブースター効果があるためです。

乳液には油分が含まれており、いわゆる界面活性が含まれているのが通常です。

これにより肌の細胞間脂質によるバリア機能が弱まり、普通は中に入って行きにくい化粧水の水分が角質層奥に入りやすくなります。

肌のバリア機能は毎日洗顔時にある程度破壊されるものの、半日程度で大半が回復するなど自己修復力があります。

ただ、乳液を何度も何度も繰り返すミルフィーユ塗りは、それだけ肌のバリア機能を破壊することになり、クレンジングを何度も繰り返しているのと同じことになります。

このバリア機能が不足しているのが乾燥肌です。一見良さそうに思えるミルフィーユ塗りは、この点で矛盾しています。

肌に付ける回数を増やしても乾燥肌症状は治らない

そもそも、肌の角質層に浸透する化粧成分は、回数を繰り返せば多く浸透するわけではありません。

乳液と化粧水を繰り返し塗ってもイメージ通りには浸透していません。乳液でバリア機能を緩めているおかげで通常よりは水分や美容成分が浸透しますが、バリア構造が破壊されている分、それら水分、美容成分を留める力も失います。

つまり、水分や美容成分を多く浸透させることができているとしても、それらを閉じ込める役割のバリア機能も低下しているため、結局はプラスマイナスゼロになります。

また、それだけ肌に刺激を何回も与えるケア方法のため、長い間継続すると肌にシワやたるみがでてきてもおかしくありません。

乾燥肌はケアの回数で治るわけではありません。特に大事なのがバリア構造を保っているセラミドなどの細胞間脂質です。

ミルフィーユ塗りはこれを邪魔することになりますし、一時の異常な潤い感という幻効果であるためおすすめはできません。