1. トップページ
  2. ケア方法
  3. 肌断食による乾燥肌改善は方法より考え方を学ぶべし

肌断食による乾燥肌改善は方法より考え方を学ぶべし

肌断食の原則から自分なりにできる範囲でやったほうがいい

化粧品の一切を肌に付けない肌断食。メイクも日焼け止めも塗らない完全な宇津木式肌断食方法もあれば、もっと許された軽めの肌断食方法もあります。

どちらにしても、肌断食は確かに肌にとっていいことで、乾燥肌を改善させる可能性が高くなります。

しかし、多くの人がすぐに断念しています。なぜなら、女性でちゃんとした肌断食ができる環境にある人は非常に限られているためです。

肌断食の方法を実践するのはとりあえず置いておいて、肌断食によって肌にどういうことが起きるのか?それを正しく理解するだけで、今より確実に乾燥肌は良くなります。乾燥肌は頭で治すと言ってもいいくらいです。

肌断食は何もそのまま実行する必要はありません。

肌断食の原則的方法から学ぶ、今日からできる保湿ケア

肌断食は確かに肌にいいが…

肌断食の断食とは、化粧品を使わないという意味の断食です。

これは、化粧品とは実は肌に良くないものである、ということから、肌荒れや乾燥肌など肌トラブルに悩む人は、化粧品を一切やめることで肌が綺麗になるというものです。

まず、この考えは正しいです。

しかし、全ての人が、特に女性が肌断食はできないばかりか、むしろ逆効果に働いていることもあります。

化粧品は肌に悪いのも確か

確かに、化粧品はつけないことに越したことはありません。

化粧品の多くは油分、界面活性剤などが含まれ、それが細胞間脂質(セラミド等)を溶けださせ、乾燥、バリア機能低下によるシミ、シワの発生を呼び起こすからです。

また、化粧品を付けるという行為が、それだけ肌をこする、刺激する回数が増えるため、角質層を痛めて薄くしてしまい、それが乾燥、を招き、刺激に弱くすることでシミ、シワを招くということです。

単純に化粧品成分が炎症を起こして肌荒れを起こすからという考えもあります。

これらは嘘ではなく、本当のことであり、化粧品を付けないでいいなら付けないほうがいいのは確実です。

化粧品にはマイナスの効果とプラスの効果がある

しかし、これは化粧品が悪いと短絡的に考えるべきではありません。

確かに意味のない、使わなくてもいい成分の化粧品は数多くあります。でも肌にとって、特に乾燥において有用な成分が多く含まれた化粧品が確かにあります。

皮膚科で出される薬でも副作用があるように、プラスの面があればマイナスもあります。

肌断食は化粧品によるマイナス効果は避けられますが、プラスの効果は一切受けられません。

もし、化粧品が肌にとって作用する大きさが、マイナス効果よりプラス効果のほうが高いのなら、マイナス効果の種類によっては化粧品を使ったほうが肌にとっていいとも考えられます。

実際に、すごく肌のキレイな人が一切何も肌につけていないこともありますが、しっかりと化粧品を使っている人もいます。

化粧品というものは確かに肌にとってマイナス効果があります。しかしそれは、プラスの面を知った上で正しく使えば、肌断食までしなくても一定の変化は期待できます。

乾燥肌にとって肌断食は細胞間脂質(セラミド等)を減らさないこと

化粧品というのは基本的に油分が含まれており、これを水分と乳化させてクリーム状にする際に界面活性剤が使われます。

この界面活性剤は油を溶かすために、肌の乾燥や刺激による炎症を防いでいるバリア機能を弱めます。具体的には角質層の間を埋めている細胞間脂質(セラミド等)を溶かして減少させます。

またメイク化粧品であれば、クレンジングや洗顔でメイク成分を落とす際に、どうしてもノーメイクの洗顔より長く、しかも強く顔を洗う必要が有るため、同じく細胞間脂質を減少させます。

他にも肌断食をするべきという理屈はいろいろあるのですが、乾燥肌に関してはこの細胞間脂質(セラミド等)の減少が一番キーポイントです。

細胞間脂質(セラミド等)が補いきれないなら化粧品はあり

細胞間脂質の代表であるセラミドは肌角質層の奥から表まで、大量の水分をキャッチして逃さない性質があり、肌の保湿のほぼ大半を担っています。

なので乾燥肌の肌質というのは、ほぼこのセラミド等が不足しているものと考えて相違ありません。

このセラミド等は油分の性質もあるため、どうしても洗顔や化粧品成分の脱脂機能や油分成分により溶け出て少なくなります。

しかし、自分の肌で自前でセラミドを十分に増やせない場合は、化粧品でセラミドを補うことは乾燥肌にとってマイナスではありません。

確かに余計な成分も肌につくでしょう。しかし乾燥肌が治ればシワもシミもたるみも、あらゆる肌トラブルの改善と予防になります。他のマイナス面を除いても、セラミドであれば肌に与えるのはプラスの作用があります。

肌断食で全ての人が乾燥から解放されるとは限らない

結局、肌断食という考え方は、今のスキンケア方法、保湿方法から余計なものを引き算しましょうということです。

その究極はメイクも含めて本当に何も肌に付けないことです。

化粧品成分が邪魔していただけの肌なら、肌断食をやめた途端に肌が潤いを取り戻していきます。

でも、肌自体にそこまでの能力がなくて乾燥していたのなら、肌断食をしてもそんなに回復しません。むしろ、曲りなりに化粧品成分が水分蒸発を抑えていた場合、それがなくなり余計に乾燥が進むことになります。

本当にどうしたいのか?

乾燥を治したいのは当然ですが、それよりも肌を綺麗にしたいはずです。

肌断食はそれにより自ら肌を守る力があるなら意味がありますが、全くないのであれば、無防備状態となり乾燥の悪化によりシワ、シミ、たるみが増えることもあります。

化粧品は肌を綺麗にしない。足りないものを補うもの

ややこしいのですが、化粧品は使わなくていいのなら使わないことに越したことはありません。

化粧品は肌を綺麗にするものではなくて、自分の肌の力で達成できない部分を補うものです。肌を綺麗にするのは自分自身の肌です。それを助けるのが化粧品です。

肌断食というのは化粧品を全て悪としてしまいますが、ことさら乾燥肌においては、化粧品保湿成分の力を借りないと一向に乾燥が治らないケースは多くあります。

肌断食は確かにいいです。でも、肌断食がいいという大雑把な考えではなく、何が肌によくて何が悪いのか?これを知るチャンスだと思って利用するのが最も万人に利益がある理解の仕方でしょう。

それに肌に足りないものを補うのは悪くありません。セラミド保湿化粧品は皮膚科医も勧めているくらいです。

一品だけでも薄く使っておくだけで、肌断食中に起きるシワシワの小じわを防ぐこともできます。

乾燥小じわが消えない理由~保湿で消えるのは半分ウソでした

肌断食から学ぼう。今日からできる頭で治す乾燥肌

肌断食において、その考えから学ぶべきことを整理します。

  • 肌の保湿は細胞間脂質(セラミド等)が守っている
  • 洗顔でセラミド等は減る
  • 洗顔剤の成分はもっと減らす
  • 洗顔・クレンジングの時間が長いほどセラミド等は減る
  • 肌をこする、触れる回数が多いほどセラミド等は減る
  • セラミド等は時間経過で回復するが、減らした量が多いと戻りきらず乾燥が進行する
  • メイク化粧品は油分が含まれており、落とすときにセラミド等も減りやすくなる

つまり、

  • 洗顔をできるだけ優しくする
  • 肌に触れる回数をできるだけ減らす
  • メイクは薄塗りにして、触れる回数、落とすときの負担を減らす

などなど、一般的に言われているスキンケア方法と変わりません。

肌断食は何も特殊な特別な方法ではありません。原則を言っているだけです。

原則があり、あとは人それぞれのやり方があるはずです。肌断食の原則の内容を理解していれば、何もいきなり原則の方法をやらなくても乾燥肌は改善に向かいます。

もしそれでダメならさらに原則に近づけばいいだけです。あまりストイックになりすぎず、自分なりの乾燥肌対策から始めたほうがいいですね。

どんなことがダメで、なぜそうなのか?これが理解できたと思いますので、自然に今日からちょっとやめてみよう、軽くしてみようということがいくつも思い浮かぶはずです。

ただ、できるだけ肌に優しいもの、敏感肌でなかろうがなんだろうが、敏感肌使用可能なものを使うのは当然のこととなります。