1. トップページ
  2. 部位
  3. おでこの乾燥!保湿ケアポイント

おでこの乾燥!保湿ケアポイント

  • おでこの乾燥はどうやって治したらいい?
  • ニキビができるのは乾燥のせい?
  • シワが増えてきたのは乾燥のせい?

おでこの乾燥はどうやって治したらいい?

おでこは顔の一部というより、頭皮の一部というのが正解です。

頭皮が乾燥するトラブルより顔の乾燥トラブルのほうが圧倒的に多いように、そもそもおでこは乾燥しづらい部分です。

そんな乾燥しにくいおでこが乾燥しているということは、単純な保湿不足だけでなく、体の機能自体が弱っている、調子を崩しているかもしれません。外からの保湿ケアでカバーしつつ、内からのケアも進めていくと綺麗なおでこを保てます。

保湿ケアは定番で間違いないセラミド等の細胞間脂質を補う方法でO.K.です。

おでこはUゾーンで皮脂分泌が多い部分ですが、だからといって洗顔を入念にし過ぎたり、化粧水だけで済ませるようなケアはダメです。

おでこに関しては洗顔剤を一番最初に乗せるくらいの注意でよく、特別にしっかりと洗う必要はありません。あまり洗いすぎると角質層の細胞間脂質が減少して肌水分量が保てなくなり乾燥がひどくなります。

また化粧水だけで済ませ、クリームや乳液、保湿美容液などを使わないのもいけません。確かに皮脂が多く出てくるので油分を含む保湿化粧品類は使いづらいですが、化粧水だけをつけると余計に肌が乾燥するか意味がありません。

セラミド等を使うなら、保湿ケアは夜の寝る前の1回で十分効果が出ます。なので、夜寝ている間のテカリは気になりませんし、そのせいでニキビが増えることもありません。朝起きたときに、水かぬるま湯で軽く洗顔すれば適度な皮脂量に落ち着きます。これを繰り返していけば、しだいにおでこに水分が戻ってきて乾燥を感じにくくなります。

ニキビができるのは乾燥のせい?

おでこにはニキビができやすいイメージがありますね。これは皮脂が多いせいなのですが、乾燥していると毛穴が詰まりやすくなり、また皮脂がさらに余計に出てしまうため、乾燥がおでこのニキビを悪化させているケースがあります。

皮脂が多いと乾燥しているのかどうか判断がつきにくいのですが、洗顔後、皮脂が戻ってくるまでの間に若干でも乾いている感じがあるなら乾燥していると考えていいでしょう。

そのような場合、肌は乾燥状態を危機ととらえ、通常よりさらに多くの皮脂を分泌させます。これがおでこニキビの元となります。

また、肌表面の角質層が乾いてしまうと、角質細胞の入れ替わりが鈍り、古くて硬い角質層になります。肌に柔軟性がなくなり、毛穴の皮脂を追い出す機能が低下して詰まりやすくなります。

このように、おでこは乾燥すると皮脂が元々多い上にさらに多くなり、毛穴も詰まりやすくなってしまいます。

逆に考えると、保湿をしっかり行えていれば、皮脂分泌量を適正に抑えられ、なおかつ肌が柔軟になり毛穴から余計な皮脂を追い出す力がアップ。結果的にニキビができづらいおでこになります。

シワが増えてきたのは乾燥のせい?

鏡で自分の顔を見たときにおでこのシワが気にならないでしょうか?

おでこの皮膚は表情によって引っ張られ、折りたたまれるためシワが残りやすいですよね。このシワですが、肌が乾燥していると目立ちやすくなってしまいます。

極端な例えかもしれませんが、海苔がありますよね。薄くて細長い。あの海苔を両端から軽く押したり引っ張ったりしてみるとどうなるか?

乾いた海苔はパキッと折れますが、湿った海苔はフニャッとなって折れません。

これはおでこでも言えることで、毎日数えきれないほど表情によって引っ張られて押されてを繰り返すので、皮膚が乾燥していると乾いた海苔みたいに折れ目ができやすくなります。

でも保湿がしっかりされていると、肌が柔らかくて柔軟性があるのでシワができづらくなります。子供はいくら笑顔で笑っても、すぐにできたシワが消えますよね。あれは肌がそれだけみずみずしくて柔軟性があるからです。

また、乾燥していると紫外線や化学物質などの刺激が肌奥に到達しやすくなります。それら刺激は肌奥の真皮層にあるコラーゲン組織を壊してしまい、保湿では消えない深いシワを刻んでしまいます。

参照:顔の乾燥小じわは保湿で本当に治る?

乾燥由来の小じわは保湿で消えますが、深いシワになるとかなり難しくなります。

おでこの乾燥は、頭皮の一部というくらい頑丈な部分のため、乾燥具合が進行してもあまり深刻に感じにくい部分。だからといって放置しているとシワが増える原因になります。また皮脂が多いから乾燥に気づいていないだけかもしれません。

おでこの乾燥ケアは、洗顔の仕方が頬など薄い皮膚より気を使わずにできる、というくらいの違いだけ。あとは基本的に同じように保湿ケアしてみてください。